臨終からの流れ

香典

病院で臨終した場合には、親戚一同に連絡をするようにしましょう。その後、葬儀業者に連絡しておけば様々な用意をしてくれるので、葬儀まですぐに進めることができます。また病院側が遺体を処置するので、そこから葬儀業者が遺体を搬送できる状態にしておきましょう。その後、病院で死亡診断書をもらい、医師への挨拶も終わらせておきましょう。
神戸の病院ではなく自宅で死亡が確認できた場合にはすぐに医師に連絡をしておきましょう。そうすることで、医師は死亡診断書を用意してくれます。もしも自宅ではなく神戸エリアで事故に遭遇しての死亡であれば、すぐに警察に連絡しましょう。そのご警察からは死亡検案書を渡してもらえます。
遺族が危篤状態である場合には、時間や場所に関係なくすぐに連絡をするようにしましょう。そこで、相手に連絡するべきポイントはどこに行けば良いのか、部屋の番号などを詳しく話しておくと素早く対応してもらえます。
その後安置状態になった遺体は自宅に寝かせるのか、寺院へ寝かせるのかによっても方法が異なるのでチェックしておきましょう。基本的に自宅で安置する場合には、事前に自宅に連絡を入れておき部屋の清掃をお願いしておきましょう。またそのときには、神棚がある場合、封じておく必要があります。また布団と線香を用意しておきましょう。また寺院で安置する場合には僧侶に連絡をしておき、枕経をあげてもらいましょう。
神戸の業者に連絡しておけば、寝台車や枕飾り、ドライアイスなどを用意してもらえます。