数珠を選ぶ

参列者

数珠の使い方や選び方は宗派によって異なる場合もありますが、その場合に自分の宗派をしっかり確認しておき、数珠を忘れないように持ってきましょう。数珠を持ち運びする場合には、専用の入れ物などに入れておきましょう。そうすることで壊れることを未然に防ぐことができます。また1部の宗教では数珠を持っていても意味がないことがあります。そのため本当に必要なのかどうかを確認して起きましょう。
数珠はどんなものがあるのかというと片手で利用できる数珠と両手で、宗派によって異なる使い方になります。
また宗派によっては使えないものもありますが、片手数珠であれば、宗派に関係なく利用できます。
以前は男性でも女性でも同じ数珠を使うことが一般的でしたが、男性は手の大きさに合わせて珠が大きな数珠を利用するようになりました。女性の場合は小さな数珠で作られているものを利用するようになっています。
また数珠の種類はそれぞれ異なり、天然の木を利用しているものや石を利用しているものなど、バリエーションが豊富にあります。それだけではなく房のカタチも様々なタイプが登場しており、宗派によって選び方は異なると思っている人も多いのですが、実は全く関係ないのです。つまり、自分の好みに合わせてどんな材質のものが良いのか、房のカタチはどれが好みなのかによって選ぶことができるので覚えておきましょう。
また、数珠は基本的に房が下になるよう、左手に掛けて利用することが一般的です。焼香するときにも合掌で外す必要はありませんが落とさないようにしましょう。
数珠は天然の素材でできるアイテムなので、汚れが付着して劣化しないように利用した後は汚れを落とすように布などで軽く拭いておくことが基本です。